FC2ブログ

記事一覧

(イズミ先生より)旬の食材で、子どもの「好き」を増やしましょう

こんにちは、もぐもぐ子どもごはん相談室の野村です。

これからは、実りの秋といわれるように梨やぶどう、栗などの旬の食材がスーパーに並びはじめ秋を感じる嬉しい季節です。秋は、離乳食にもピッタリな根菜類も旬を迎えます。

旬の食材は甘みが増すだけでなく、食感もよくなります。食材のもち味をそのまま生かすだけでも「おいしい」ので茹でたり蒸したりするだけでもごちそうです。

秋の豊富な食材は旬を経験するチャンスです。おいしく楽しい経験をすることで「食べることが好きになる」と思います。興味を持つにはまず「旬」を共有することです。
例えば「ママは秋のさつまいものホクホクが好き。」「大きくておいしそう。」なんて食材を話題にするだけでも楽しいコミュニケーションに。その中で少しずつ子どもに情報がインプットされていきます。

子どもごはん相談室では、よく「食べず嫌い」という悩みをききます。それは、子どもは食べることに関して色々な経験が少ないから、食べることに対して不安で仕方ないのです。でも食べないからと言って、食卓に並ばないと経験はできません。子どもが食べても食べなくても、大人がおいしく食べれば大丈夫。

我が家の話。中学になる娘はナスが苦手です。それもそのはず、父親がナスは嫌いとはっきりいうのです。でも私はナスが好きなので、私用にナス料理が食卓に並びます。
秋になるといろいろな種類のナスが出回ります。とろナス(白いナス)をそのまま切って、塩コショウオリーブオイルで焼いてだけのものを食卓に出してみました。すると、娘は色が違うのもあったのか、パクリ。普通に食べるのです。あらためて聞いてみると、煮たナスの食感が苦手だった、ということでした。このようにすべては無理でも、少しずつ経験できれば、それはまた自信になり「おいしい」が広がります。

B4E769E5-1BB3-473E-8E01-B69F097FC7D8.jpg
こちらがとろナス!
地元のすてきな八百屋さん、パリタリーさんで獲得。

00432725-E7D2-418D-9D88-CCAF4FF96967.jpg
まったく映えませんが(笑)本当に甘くておいしかったです!

子どもはちょっとした経験で、自分から学ぶことができると思います。好き嫌いなく食べてほしいと大人は思うかもしれませんが、子どもの自発性が大切だと思います。
まずは、大人はまだまだ食べることに不安な赤ちゃんや幼児に、安心できる環境を用意してあげることが大切。嫌いなものだけに目を向けないで、好きなものを増やすこと。

収穫の秋、たくさんのおいしいものが並びます。「旬」のものは栄養価も高くなり、シンプルな料理でもおいしくいただけます。この時期だけの「旬」で、好きなものを増やしてみましょう。私は今から新米が楽しみです!

野村 泉

_67A5529.jpg


************
▼過去のイズミ先生のコラム▼

■幼児食ってなに?
■赤ちゃんごはんで大切にしていること
■なぜ、ごはんと排泄がコラボした?
■新しい講座がはじまりました<テキストのお話>

************
▼今後の乳幼児向けクラススケジュール▼

★開催日程お知らせページ

************
▼イズミ先生の離乳食レシピ連載中!▼

HugKum(はぐくむ)運営:小学館
乳幼児~小学生ママ・パパのための育児情報メディア




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐもぐ子ども調理室/子どもごはん相談室

Author:もぐもぐ子ども調理室/子どもごはん相談室
2017年春に東京都小金井市にオープンした「もぐもぐキッチンスタジオ」です!
「子ども調理室(子ども料理教室)」と「子どもごはん相談室(離乳食・幼児食講座)」を開催しています。お気軽に遊びにきてくださいね!

http://kodomo-chouri.com/

最新コメント